当行の概要

本店
商   号 株式会社 沖縄銀行
The Bank of Okinawa,Ltd.
本店所在地 〒900-8651
那覇市久茂地3-10-1
電     話 098-867-2141(代表)
設     立 1956年6月21日
      1956年7月10日
資   本   金 227億25百万円
代   表   者 山城 正保
従 業 員 数 1,115名(2019年3月末現在)
       65店(県内60店・県外1店・出張所4店)
株 式 上 場 東証一部、福証

取締役頭取 山城 正保

代表取締役

皆さま方には平素より私ども沖縄銀行をご利用、お引き立ていただき誠にありがとうございます。

当行は1956年の創立以来、「地域密着・地域貢献」という経営理念のもと、地域の中枢金融機関として地域経済の発展とともに成長し、今日の基盤を築き上げてまいりました。

これもひとえに地域の皆さまや株主の皆さまからの永年にわたる温かいご支援の賜と深く感謝いたしております。

2018年度の国内経済は、緩やかな回復基調となっておりますが、海外の政治・経済の不確実性の高まりにより先行きの不透明感が高まっております。

沖縄県においては、人口の増加、好調な観光関連産業を背景として 消費や民間設備投資などが拡大するとともに、引き続き入域観光客数が増加することが見込まれることから、プラスの経済成長になるものと見込まれます。

このような環境のもと、地域金融機関を取り巻く環境については、デジタライゼーションの加速、人口減少・高齢化の進展、低金利環境の長期化等により、金融機関を巡る環境は大きく変化してきており、これまでの発想を変えて新たなビジネスモデルを構築していく必要があります。

環境の変化に適用することが持続可能性の高いビジネスモデルであると考えており、今のままの延長線上にない未来を目指していかなくてはなりません。

当行においては、2018年度より「第18次中期経営計画お客さまとともに未来を創る~Create the Future~」を策定しております。

ビジョンの一つであるICTを活用したデジタルトランスフォーメーションのサポートによるお客さまの利便性の向上を図るとともに、デジタルとアナログとの融合(Face to Face)を図ることで、カスタマーエクスペリエンスを実現し、地域とともに成長する地域№1バンクの実現を目指し、お客さまとともに未来を創造していく所存であります。

第18次中期経営計画の2年目となる2019年度は、グループ総合力によるお客さまの課題解決や良質な資産形成へ寄与する体制の整備、多様なニーズへのサービスの対応、キャッシュレス社会の実現に向けた施策の展開、またグループ全体でのコスト改革や働き方改革の更なる深化など、地域経済の発展に寄与する総合金融サービス業として、おきぎんグループの総力を挙げ、取り組んでまいります。

こうした取り組みに加えて、グループの経営理念である『地域密着・地域貢献』を実践することで、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献し、地域社会並びに、全てのステークホルダーと共に未来を創造し、持続可能な社会の実現を目指してまいります。

当行は、常にお客さまの期待に応え、地域社会に愛され、親しまれる銀行「ピープルズ・バンク」として、役職員一丸となってさらなる経営内容の充実、サービス向上に努め、地域のポテンシャルを引き上げるよう取組んでまいります。

皆さまにおかれましては、今後とも引き続き格別のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2019年6月

役員紹介

取締役会長(代表取締役)

たまき よしあき
玉城 義昭
監査役 いけい まもる
伊計 衛 
取締役頭取(代表取締役 やましろ まさやす
山城 正保
社外監査役

もとなが ひろゆき
本永 浩之

専務取締役 きんじょう よしてる
金城 善輝
社外監査役 あんどう ひろかず
安藤 弘一
常務取締役 やましろ たつひこ
山城 達彦
社外監査役 おおしろ はじめ
大城 肇
常務取締役 いは かずや
伊波 一也
   
常務取締役 たから しげる
髙良 茂
   

 

取締役 (社外取締役) おおしろ ひろし
大城 浩
取締役 (社外取締役) みやぎ ちはる
宮城 千春
取締役 (社外取締役 ほそみ まさひろ
細見 昌裕

 

2019年6月21日現在