English

menuclose

お問い合わせ

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

ジュニアNISA(ニーサ)とは、「未成年者少額投資非課税制度」の愛称です。銀行など金融機関で、ジュニアNISA口座を開設して上場株式・公募株式投資信託等を購入すると、本来20.315%の税率で課税される配当金や売買益等が、非課税となる制度です。

ジュニアNISA

ジュニアNISAの5つのポイント

  1. 日本に居住する未成年(0~19歳)が対象
  2. 親権者等が代理で運用を管理
  3. 投資金額は年間上限80万まで
  4. 投資を始めた年を含む最長5年間が非課税
  5. 18歳以降に払い出し可能

制度概要

ジュニアNISAは、お子さま・お孫さまが一人あたり年間上限金額80万円の非課税投資枠を使った投資が出来る制度です。

制度概要

制度概要

口座開設の流れ

ジュニアNISA口座を開設できるのは、1人1口座だけです(複数金融機関口座開設不可)。非課税口座開設にあたっては金融機関経由で、税務署から「未成年者非課税適用確認書」の交付を受ける必要があります。

口座開設の流れ

お申込み方法

ジュニアNISA口座開設には、「未成年者非課税適用確認書交付申請書兼非課税口座開設届出書」「個人番号記載書類等本人確認書類のご提出」「個人番号提供書」「ジュニア代理人届」「マイナンバーおよび各種健康保険証等本人確認書類」が必要です。また、投資信託保護預り口座の開設が必要です。

ジュニアNISAに関するご留意点

  • ジュニアNISA口座における非課税投資枠は、毎年、新規投資で80万円が上限であり、5年間で最大400万円まで投資が可能です。
  • ジュニアNISA口座で保有している国内公募株式投資信託(以下「株式投資信託」)を、一度売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。また、年間80万円までの非課税投資枠のうち、未使用分を翌年以降に繰越すこともできません。
  • ジュニアNISA口座(払出し制限付き課税口座を除きます。)の損失は、ジュニアNISA口座以外(一般口座や特定口座)で保有する株式投資信託の売買益や配当金等との損益通算はできず、その損失の繰越控除もできません。
  • 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は、ジュニアNISA口座での保有であるかどうかにかかわらず非課税のため、ジュニアNISA制度上の非課税メリットを享受できません。
  • 18歳(※)までは、原則として払出すことができません。それ以前に払出す場合には、ジュニアNISA口座は廃止され、災害等の場合(非課税での払い出しが可能ですがジュニアNISA口座は廃止となります。)を除き、過去に非課税とされた配当金等や譲渡益に対して課税されますのでご注意ください。(※)子どもが、3月31日時点で18歳である年の前年12月末(例:高校3年生の12月末)
  • ジュニアNISA口座で運用する資金は口座開設者本人の資金であり、本人以外の資金により投資が行われた場合には、所得税・贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。

詳細につきましては、お近くの「おきぎん窓口」にお気軽にご相談ください。

商 号 等:株式会社沖縄銀行
登録金融機 沖縄総合事務局長(登金)第1号
加入協会:日本証券業協会

※上記の内容は、2016年1月現在の情報に基づいて作成しております。