English

menuclose

お問い合わせ

国民年金基金

国民年金基金とは

国民年金基金は、自営業・フリーランスの方が加入できる老齢基礎年金に上乗せする、公的な年金制度です。

加入者イメージ

国民年金基金のしくみ

国民年金基金に加入することによって、自営業などの第1号被保険者の方々の公的な年金も、会社員と同じ「2階建て」にすることができます。

国民年金基金のしくみ

加入できる方

  • 20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者の方
  • 60歳以上65歳未満の方や海外居住されている方で国民年金に任意加入されている方

5つのメリット

終身年金が基本 年金額が確定、掛金額も一定 税制上の優遇 万が一のときは家族に一時金 自由なプラン設計

お申込みの前にお読みください

  • 国民年金基金は、積立式の年金です。また、国民年金とは異なり、物価等のスライドはありません。
  • 国民年金基金への加入は、国民年金の保険料が納付されていることが前提となります。
  • 国民年金基金への加入は任意ですが、いったんご加入いただいた場合、ご自分の都合で任意に脱退および中途解約することはできません。
  • 遺族一時金について
    • B型を除く「保証期間付」のタイプについては、掛金の納付期間中、年金を受給するまでの待機期間中または受給開始後の保証期間中に亡くなった場合、その方と生計をともにしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順で、遺族の方一人に一時金が支給されます。
    • 遺族一時金は、掛金総額を下回ることがあります。詳しくはお問合せください。
    • 保障期間のないB型のみに加入されている方が、年金を受給する前に亡くなったときには1万円の遺族一時金が支給されます。
  • 国民年金の老齢基礎年金を繰上げ受給する方は、繰上げ受給期間中は、基金から国民年金の付加年金に相当する部分だけを受け取ることになりますので、基金へ年金請求の手続きが必要となります。
  • 国民年金基金の年金額が12万円以下のときは年6回(偶数月に前月及び前々月分として)のお支払になり、年金額が12万円未満のときは年1回(毎年、決まった月に過去1年分として)のお支払となります。
  • 加入の際には、「国民年金基金加入にあたっての重要なおしらせ」をよくお読みください。
  • その他、ご不明の点は遠慮なくお問合せください。