Windows 7 サポート終了に伴うCrossMeetz サポートOS・ブラウザ変更のご案内

 

 平素よりおきぎん外為Webサービスをご利用頂き、誠に有難うございます。

 2020 年1 月14 日(日本時間)にマイクロソフトによるWindows 7 のサポートが終了となります。
サポートが終了したOS は、セキュリティホールが新たに発見された場合にもプログラムが修正されないため、利用されているパソコンの乗っ取りやウィルス感染などの危険性が非常に高くなります。

 以上のことからインターネットバンキングの不正利用に繋がる可能性があるため、CrossMeetz のサポートOS およびブラウザを下記のとおり変更させていただきます。

2020 年1 月14 日以前のCrossMeetz のサポートOS・ブラウザ

サポートOS  サポートブラウザ
Windows 7(SP1)  Internet Explorer 11
Windows 8.1  Internet Explorer 11
Windows 10  Internet Explorer 11

 

2020 年1 月15 日以降のCrossMeetz のサポートOS・ブラウザ

サポートOS  サポートブラウザ
Windows 8.1  Internet Explorer 11(※1)
Windows 10(※2)  Internet Explorer 11

 ※1 デスクトップ版のみサポート対象とし、Modern UI 版はサポート対象外となります。Modern UI 版:タッチパネル操作を前提としたアプリケーションデザインのバージョンとなります。

 ※2 Windows 10 ではWeb ブラウザ「Microsoft Edge」が搭載されていますが、現在「Microsoft Edge」の動作を保証しておりません。標準で搭載されています、Internet Explorer 11 をご利用ください。

<参考>マイクロソフトによるOS・ブラウザのサポート期限

OS  サポート期限
Windows 8.1 2023 年1 月10 日
Windows 10 2029 年1 月9 日

 参考URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13853/windows-lifecycle-fact-sheet
  

 OTP 認証を利用されている場合

 スマートフォンにVIP Access をインストールされている場合、本作業は不要です。
 

 Windows7 をWindows8.1 や10 にアップグレードした場合

端末にインストールしているVIP Access のOTP トークンID が変更されてしまうため、下記作業が必要になります。

 ① 金融機関側で該当ユーザのOTP を無効化
 ② 法人ユーザで新しいトークンID のOTP を紐付(利用開始登録)
 また万が一、アップデート後にVIP Access が起動しなくなった場合はVIP Access の再インストールをお願いいたします。
 

 Windows8.1 や10 のOS インストールを行った場合

各設定が初期化されるため、端末入替と同様の作業が必要になります。

 ① 金融機関側で該当ユーザのOTP を無効化
 ② 法人ユーザにてVIP Access をインストール
 ③ 法人ユーザで新しいトークンID のOTP を紐付(利用開始登録)