English

menuclose

お問い合わせ

でんさいネットとは

サービス概要

事業者の資金調達の円滑化をサポート!

商取引等を通じて発生する手形や売掛金等の金銭債権について、インターネットを通じて債権を管理する機関(電子債権記録機関)の記録原簿に電子記録債権の発生記録、譲渡記録等を行うサービスです。

電子債権とは

手形債権や指名債権(売掛債権等)が抱える問題を克服し、事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的として創設された新たな金銭債権です。電子債権記録機関が作成する記録原簿に電子的な記録を行うことにより、債権の権利内容が定められます。

でんさいネット・電子債権の特徴

全国規模の安心ネットワーク

実績ある全国の銀行間ネットワークを活用することにより、安心で信頼できるサービスを提供できます。

銀行との連携による簡易な決済方法の実現

銀行との連携により、期日になると自動的に登録された口座に払込みが行われます。振込伝票の作成や手形の取立のような、面倒な手続は不要です。

でんさいネットを利用した電子債権取引イメージ1
でんさいネットを利用した電子債権取引イメージ2
でんさいネットを利用した電子債権取引イメージ3
でんさいネットを利用した電子債権取引イメージ4

利用するための要件について

法人、個人事業主、国・地方公共団体が対象です。利用にあたっては、属性要件、経済的要件、利用資格要件を満たす必要があります。

属性要件

  • 法人、個人事業主、国・地方公共団体
  • 本邦居住者
  • 反社会勢力に属さないなど、利用者としての適合性に問題がないこと

経済的要件

  • 金融機関に決済口座を開設していること
  • 金融機関による審査を経ていること(債務者として利用する場合)

利用資格要件

  • 破産、廃業等していないこと

利用時間

平日(月~金):8時~22時(15時以降は予約のみ)
土・日・祝日:9時~20時(15時以降は予約のみ)

※12月31日~1月3日、5月3日~5月5日及び、毎月第2土曜日はサービスを休止させていただきます。

※でんさい割引等の融資については、当行所定の審査があり、当日付は原則お取扱できません。

利用申し込みについて

でんさいネットを利用するには、当行に利用申込書※を提出する必要があります。一定の審査、利用契約締結等を経て、利用することが可能です。

※その他に、現在事項全部証明書等の提出が必要です。

利用申し込みについて

利用申し込みに必要なもの

  法人 個人
決済口座のお届印
印鑑証明書(実印をご利用の場合)
商業登記簿謄本(現在登記事項証明書)、定款 -
確定申告書の写し -

※「個人」は個人事業主の方です。

※その他、審査に書類が必要となる場合、担当者よりご提出のお願いをいたします。

利用方法について

間接アクセス方式を採用しているでんさいネットでは、利用者は当行を経由してでんさいネットにアクセスしていただきます。利用方法はインターネットバンキング等を活用する方法のほか、書面による店頭でのご利用方法もあります。

インターネットバンキング等を活用した方法

利用方法について

書面による方法

書面による店頭でのご利用方法もありますが、別途手数料が必要となります。

主なサービス内容

発生記録請求

でんさいを債務者請求方式、または債権者請求方式により、発生させることができます。

譲渡記録請求

受け取ったでんさいを譲渡することができます。原則として保証記録が随伴します。

分割譲渡記録

受け取ったでんさいを分割し、譲渡したり、割引したりすることができます。

変更記録請求

権利内容の変更記録請求ができます。

取扱店舗

美ら島支店を除く営業店。ただし、なかぐすく支店については、一部サービス内容の制限があります。詳しくは、お近くの当行本支店窓口もしくは「おきぎんでんさいセンター」へお問い合わせ願います。また、「でんさい」の仕組みについては、でんさいネットのホームページをご参照ください。「でんさいネット早わかり!その仕組みと実務」で動画により解説を行っています。

株式会社 全銀電子債権ネットワーク

おきぎんでんさいセンター
eメールアドレス:densai0188@okinawa-bank.co.jpまたは、お近くの当行本支店まで


でんさいネットは、全国銀行協会が設立する、「(株)全銀電子債権ネットワーク」の通称です。