データ伝送(総合振込・入出金明細照会/振込入金明細照会)における「全銀EDIシステムサービス」取扱い開始について

 

 2018年12月25日(火)より、インターネットバンキング及びファームバンキングサービスのデータ伝送(総合振込・入出金明細照会/振込入金明細照会)において、新たに「全銀EDIシステムサービス」の取扱いを開始いたします。

沖縄銀行では、今後もお客さまのニーズに幅広くお応えできるよう、より一層、サービスの拡充に取り組んで参ります。

サービス名

「全銀EDIシステムサービス」

サービス概要

「全銀EDIシステムサービス」とは、法人や個人事業主が利用するインターネットバンキング及びファームバンキングサービスのデータ伝送(総合振込・入出金明細照会/振込入金明細照会)をXMLファイル形式(注1)で授受することで、振込データに付加したさまざまな情報を「EDI情報」(注2)として、支払企業側と受取企業側が双方で情報を共有することが可能となるシステムです。

(注1)XMLファイル形式:メッセージの長さを柔軟に変更することが可能な形式
(注2)EDI情報:支払い企業から受取企業に伝達するメッセージ(支払企業側が設定)

全銀EDIシステムサービス

サービスの特徴

(1)支払企業側の場合(総合振込)

総合振込を従来の方法に加え、XMLファイル形式で送信することができます。XMLファイル内の振込データに、さまざまな情報「EDI情報」(支払通知番号、請求書番号、商品コードなど)を受取企業側に送信することが可能となります。
※受取企業側からの振込内容に係る照会対応等の負担軽減が期待されます。

(2)受取企業側の場合(入出金明細照会/振込入金明細照会)

入出金明細照会/振込入金明細照会を従来の方法に加え、XMLファイル形式で受信することができます。
支払企業側から送信された、振込データに付加されたさまざまな情報「EDI情報」(支払通知番号、請求書番号、商品コードなど)を受信することが可能となります。
※複数の請求がまとめて振り込まれた場合でも、どの請求に対する振込であるか明確にわかるため、売掛金の消込作業等にご活用いただくことができます。

取扱開始日

2018年12月25日(火)

対象者

法人・個人事業主

お申し込み方法

当行最寄りの支店にて『全銀EDIシステムサービス利用申込書』をご記入の上、お申し込みいただけます。

ご留意事項

(1)「全銀EDIシステムサービス」のお申し込みには、インターネットバンキングまたはファームバンキング「データ伝送サービス(総合振込・入出金明細照会/振込入金明細照会)」のご契約が必要となります。

(2)お客さまでご準備いただくもの

 ① インターネットバンキングご利用の場合
    ・XML電文作成ソフトの準備
 ② ファームバンキングご利用の場合
    ・XML電文作成ソフトの準備
    ・NTTデータへ接続回線(Connecure)の利用申込
    (現行利用の接続回線(ISDN回線等)が不要となる場合は、解約手続も必要となります。)

「全銀EDIシステムサービス」に関するお問い合わせ先

TEL:098-869-1376 デジタル事業部(ダイレクトバンキンググループ)
TEL:0120-120-288 おきぎんEBセンター

●全銀EDIに関する詳細については、全国銀行協会のホームページをご参照ください。