牧志・壺屋支店における新型コロナウイルス感染者の発生について

2020年7月30日
株 式 会 社 沖 縄 銀 行
総 合 企 画 部

 本日、当行牧志・壺屋支店に勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。

 当行はお客さまと職員の健康・安全を最優先に考え、当支店内の消毒等を実施し、安全が確保されるまでは当支店全職員の自宅待機を行います。それに加え、濃厚接触者の調査も行います。

 お客さまや関係者の皆さま、そして地域の皆さまへ多大なご迷惑をおかけすることになり、心よりお詫び申し上げます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 

 感染者の概要

●感染者

 牧志・壺屋支店の職員1名

●経 過

7月28日(火) 当該職員が22日(水)に訪問した飲食店の経営者が新型コロナウイルス陽性と判明。自宅待機を指示。
7月30日(木) 発熱により医療機関を受診。抗原検査にて新型コロナウイルス陽性と判明。

 

対 応

  • 当支店につきましては30日に消毒を実施予定であり、お客さま及び職員の安全が確保でき次第、当該職員と接触していない近隣店舗ならびに本部の職員により業務を継続いたします。

  • 当該職員と濃厚接触の可能性のあるお客さまについては現在確認中であり、関係機関との連携のもと、迅速かつ適切に対応いたします。

  • 当該職員と濃厚接触の可能性のある職員全員の健康状態を経過観察するともに安全が確保できるまで自宅待機といたします。

     

 

本件に関するお問合せ先
総合企画部 経営企画G 西村・新里(℡:098-869-1253)