格付評価

“あんしん、なっとく!やっぱり、おきぎん”
“格付審査、A+(シングルAプラス)を取得”

株式会社 沖縄銀行(頭取 山城 正保)は、厳しい経済情勢と金融機関の財務の健全性が強く求められる環境下、日本格付研究所(JCR)の格付審査で、“A+(シングルAプラス)”を取得しました。

 “A+”評価とは債務履行の確実性が高く、格付機関の格付20ランク中上位5番目に当たります。

今後とも経営の健全性がより強固なものとなるよう、中期経営計画2018~2021を着実に実行し格付の向上に努めてまいります。

(株)日本格付研究所の格付けの定義
格付ランク ランク数(計20) ランクのコメント

格付ランク ランク数
(計20)
ランクのコメント
AAA 債務履行の確実性はもっとも高い
AA(+-) 債務履行の確実性は非常に高い
A(+-) 債務履行の確実性は高い
BBB(+-) 債務履行の確実性は認められるが上位等級に比べて、将来、債務履行の確実性が低下する可能性がある
BB(+-) 債務履行に当面問題はないが、将来まで確実であるとは言えない
B(+-) 債務履行の確実性に乏しく、懸念される要素がある
CCC 現在においても不安な要素があり、債務不履行に陥る危険性がある
CC 債務不履行に陥る危険性が高い
債務不履行に陥る危険性が極めて高い
債務不履行に陥っている