大口定期預金

自由金利型定期預金(大口定期)

利用対象の方

個人および法人の方。

預入期間

○定型方式
 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年
○期日指定方式
 1ヶ月超5年未満でお客さま指定の日を満期日とします。

預入

(1) 預入方法
  一括でのお預け入れ
(2) 預入金額
  1千万円以上(上限はありません)
(3) 預入単位
  1円単位    

元金払戻方法

満期日以後に一括してお支払いします。

利息

(1)適用利率
  ○固定金利・預入時の店頭掲示の利率を満期日まで適用します。
  ○自動継続型は、継続時には店頭表示利率を適用します。

(2)利払時期
  ○固定金利・預入期間2年未満のものは、満期日以後に一括してお支払いします。
  ○預入期間2年以上のものは、預金規定に定めた中間利払日以後および満期日以後に一括してお支払いします。

(3)計算方法
  ○付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算をします。

(4)税金    
  ○通常、預金の利息に、個人は預金利子税20.315%(15.315%の国税・5%の地方税)
   
法人は預金利子税15.315%(国税)が課税されます。
  ○マル優の適用を受けられる方は、350万円まで非課税で ご利用いただけます。

中途解約時の取扱い

○やむを得ず満期日前に解約をする場合は、当行所定の方法により計算した利息とともにお支払いします。
○中間払利息が支払われている場合、その支払額と期日前解約利息との差額を精算させていただきます。

口座開設に伴う手数料

必要ありません。

付保できる特約事項

○定型方式の場合は、預入時のお申し出により、自動継続(元金継続または元利継続)の取扱いができます。なお、総合口座でこの定期預金をご利用する場合は、元金継続の取扱いとなります。
○個人で総合口座にこの定期預金を組み入れると自動貸越を利用することができます。
なお、貸越利率は、担保定期預金の約定利率に0.5%を上乗せした利率になります。
○総合口座の当座貸越機能について
・総合口座通帳(普通預金)にこの預金をセットした場合、普通預金の残高が払戻し金額に不足した場合は、定期預金(担保預金)の90%(最高500万円迄)の範囲内で当座貸越(融資)が発生します。
・当座貸越(融資)利率は預金適用利率に0.5%を上乗せした利率です。
・当座貸越の発生した場合については、普通預金に入金がある都度自動的に当座貸越が返済されます。
・当座貸越した期間は当座貸越の利息が発生し、銀行普通預金の決算(3月・9月の第2日曜日)の時に利息の支払が発生します。

リスクに関する事項

○利息決算期間の途中に多額の総合口座当座貸越のご利用がある場合、利息決算の結果、元金から当座貸越利息を差引きますので、総合口座当座貸越の利用金額については注意が必要です。
○万一、銀行が破綻した場合は、元本欠損の生じる可能性がありますが、その場合でもこの預金は預金保険制度により、1預金者当りの元本1,000万円までとその利息が保護の対象となります。
但し、1,000万円を超える部分は、破綻した金融機関の財務状況に応じて支払われますので、一部カットされる可能性があります。

その他参考となる事項

○満期日以後の利息は、解約または書替継続時の前日までの日数により解約または書替継続日の普通預金の利率で計算します。
○中間払利息の適用利率は、約定金利の70%とします。