リーガル・アシスタント合格者談

平成29年9月13日
株 式 会 社 沖 縄 銀 行
総 合 企 画 部

  

 株式会社 沖縄銀行(頭取 玉城義昭)では、平成29年度司法試験において当行支援制度(リーガルアシスタント制度)を利用した1名が合格いたしましたことをお知らせし、合格談を掲載いたします。

 沖縄銀行では今後も琉球大学法科大学院からの司法試験合格へ協力し、修了生を支援してまいります。

合格者談

ogawa20

【合格者】小川 祐さん

 私は、今年4回目の受験で司法試験に合格することができました。平成27年11月からリーガル・アシスタントとして採用していただき、沖縄銀行でお世話になった皆さまに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 リーガルアシスタント制度により、5月の試験まで勉強に集中する環境を整えていただきました。県外出身の私にとっては、この制度がなければ、合格を目指して切磋琢磨してきた仲間とともに沖縄で勉強を継続することはできませんでした。
また、試験前には温かい応援のメッセージをいただくなど、経済面だけではなく精神面においても苦しい時期を支えていただきました。

 試験後は、リスク管理部法務グループの一員として、実際に銀行法務に携わらせていただきました。法令や金融庁をはじめとする各省庁のガイドラインが銀行組織のルールとしてどのように反映され、どのように組織が動いているのか。営業店・各部はどのような問題に悩み、どのような回答を求めているのか。日々、営業店・各部が直面する法律問題や契約書のチェックを通じて、これら現実の問題に悩み、解決策を見つけ出していく過程は銀行の法務部門でしか経験することのできない貴重で有意義なものでした。
リスク管理部をはじめ多くの方にご指導していただき、感謝しています。

 合格発表を受けて皆さまにお祝いの言葉をかけていただき、合格という結果は沖縄銀行の皆さまの多大なご支援によるものであることを改めて感じています。
この気持ちを旨に、これから法曹として活躍できるよう、日々努力していきたいと思っています。本当にありがとうございました。

 

以上