運転免許証撮影時の注意点

お取引の流れ | 運転免許証撮影時の注意点


照明が免許証に反射しない場所で、カメラのフラッシュはオフにして撮影してください。

免許証は撮影画面のガイド枠に合わせて撮影するようにしてください。

・ガイド枠からはみ出したり、斜めになっていると正確な読み取りができません。

無地の紙や机の上で撮影してください。

※模様のある背景の場合、免許証を読み取りできない場合があります。

 

【読み取る記載事項】

おもて面:氏名、住所、免許証番号、生年月日、有効期限

うら面:住所・氏名の変更記載文字・受付印

 

【良好な撮影例】

運転免許証の記載内容1字1字判読できて、免許証全体が写っている。

ap_good_omote

ap_good_ura

 

【お申し込み不備となる撮影例】

1.運転免許証に光が反射している。

ap_ng1

フラッシュはオフにて撮影し、光が入り込まないようにご注意ください。正確な読み取りができないことがあります。

 

2.撮影画面のガイド枠に合わせて撮影していない。

ap_ng2

ap_ng3

運転免許証撮影時に撮影画面中のガイド枠に合わせて撮影してください。ガイド枠からはみ出していたり、斜めになっていると正確な読み取りができません。

 

3.手ブレや撮影モード設定により、撮影画像がぼやけている。

ap_ng4

ピントが合うように撮影してください。

 

4.免許証が正しく読み取れない。

ap_ng5

ap_ng6

撮影時の環境が暗すぎる場合や、背景に模様が入っている場合は、免許証を正しく読み取りできない場合があります。無地の紙や机の上で撮影してください。

 

5.うら面の文字が判読できない。

ap_ng7

撮影時にピントを合わせて、画面が薄暗くならないことを確認して、文字を判読できるように撮影してください。

 

6.ネットワークの圏外での撮影はしない。

免許証の読み取りにはネットワーク接続が必要となります。ネットワーク圏外での撮影は行わないでください。