【注意喚起】金融機関の職員を装う不審電話等にご注意ください!

 

 電話にて金融機関職員を装い、お客さまのインターネットバンキングの「暗証番号やパスワード等」を聞き出し、不正送金を行う事例が県内にて発生しております。

 また、当行のお客さまに対し、金融機関職員や役所職員を名乗る者からの「還付金詐欺」の電話も確認されております。

 つきましては、金融機関職員や役所職員を名乗る者から、「インターネットバンキングにかかる暗証番号確認等の電話」や、「還付金の手続きに対する電話」があった場合、すぐに応対せず、最寄の営業店窓口や警察署へ連絡するようご協力宜しくお願い致します。

1.実際に発生している事例

  • 金融機関職員(または役所職員等)を名乗り電話を掛けてくる。
  • 主に女性により電話がかかってくることが多い。
  • インターネットバンキングに関して「外部から不正に攻撃を受けた形跡がある」「至急調べる必要があるので暗証番号を教えて」等暗証番号やパスワード等を聞き出そうとする。
  • 「国民健康保険税の払い戻しがあるのでATMで手続きが必要です」等と電話を掛けてきて、ATMで振込をするように誘導する。

 

2.被害にあわないための注意点

  • 電話で「暗証番号やパスワード」等は絶対に教えないでください。
  • 税金等の還付金の手続きをATMで行うことはありません。
  • セキュリティの向上のため、当行が提供している「ワンタイムパスワード」をぜひご利用ください。

 

3.万が一不審な電話があった場合

 不審な電話には、すぐに応対せず、早急に最寄の営業店窓口または警察署へご連絡ください。

 客さましか知りえない情報を聞き出すようなお電話をお掛けすることは一切ございません。
 くれぐれもご注意ください。

以上