預金者が亡くなった場合の手続き及び必要書類について

相続手続きにて使用する主な書類は以下の通りです。
1.除籍謄本又は戸籍謄本で被相続人の出生から死亡までが確認できるもの
2.戸籍謄本(相続人・必要に応じて)
3.預金通帳等(被相続人)
4.遺言書(公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言)
※公正証書以外は家庭裁判所の「検認」を受けているもの
5.上記4が無い場合・・・遺産分割協議書もしくは銀行所定の念書
6.相続人全員の印鑑証明書
※亡くなられた方のお取引内容によって相続の手続きは異なりますので、詳しくは預金相続センター・ローンFPステーション(県内全店)までお問合せください。

【預金相続センターについて】
 相続手続きについて、お客さまサービスの向上等を目的に「預金相続センター」及び「ローンFPステーション」(県内全店舗)へ対応窓口を設置いたしました。預金相続のお手続き、ならびに預金相続に関するお問合せにご利用ください。
 なお、投資信託、国債、外貨預金、保険、融資等のお取引がある場合は、これまで通り、お取引のある当行本支店へお問合せ下さい。