法人間の外国送金の資金詐取に関する注意喚起について

 

 

 今般、本邦法人のお客様と外国法人との間で、外国送金取引に係る送金口座情報の連絡を電子メールにより行う際、偽の電子メールや内容が改ざんされた電子メールにだまされ、外国送金の資金が詐取される被害が発生しているとの情報が全国銀行協会に寄せられています。

 現在、当行をご利用頂いておりますお客さまの被害は確認されておりませんが、法人のお客さまにおかれましては、被害未然防止のため次のような対策をご実施ください。

 

1.発生している手口

  • 海外の取引先になりすまして送信された電子メールの送金指示や電子メール添付請求書に従って外国送金を行った結果、送金した資金が詐取された。
     
  • 海外のお取引先に送信した電子メールの内容または添付した請求書が改ざんされ、本来の決済口座とは異なる口座に送金された結果、受領すべき資金が詐取された。

2.対策方法

  • 海外のお取引先から決済口座を変更する旨の電子メールを受信した場合や、通常は利用されないメールアドレスからの送金依頼を受け取った場合は、送金前にお取引先に対して電話やFAX等の電子メールとは異なる手段で事実の確認を行う。
     
  • 送金取引やその連絡に利用しているパソコンのセキュリティ対策を行う。また、海外のお取引先と送金依頼の電子メールを送受信する際には暗号化した添付ファイルを用いる、電子署名を付すなど、より安全性の高い方法で行う。

3.ご参考

  全国銀行協会ホームページ「法人間の外国送金の資金をだまし取る詐欺にご注意!」 

 以上